突然ですが質問です。

 

あなたはストレス薄毛には因果関係ってあると思いますか?

 

実はストレスと薄毛には密接な関係があるんです。

 

ストレスが原因で円形脱毛症になったなんて聞いたことはありますよね?

 

実はストレスで薄毛が進行する直接的な原因はわかっていません。

 

しかし、さまざまな要素が絡み合って、間接的に影響するともいわれています。

 

ストレスは男性ホルモンに関与!その結果薄毛にも?

 

さまざまな要素の中でも一般的によく言われているのが、男性ホルモンが関与しているという説です。

 

まずAGAはどのようにしておこるのでしょうか。

 

そのメカニズムについて説明します。

 

毛乳頭や皮脂腺には「5αリダクターゼ」という酵素が存在します。

 

その酵素が、「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンの一種と結合します。

 

その結果、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変化します。

 

この変化したDHTが、頭部の毛根の根元にある毛母細胞の発毛をじゃますることが原因だと言われています。

 

テストステロンは、筋肉の発達や男性の生殖器の発達に関係するホルモンです。

 

人はストレスが溜まることで、体の代謝機能が落ちて血流も低下します。

 

そこで体は血流の低下を防ぐために、血流の増加を発揮するテストステロンの分泌を増やすことになります。

 

その結果DHTも増えることになるので、薄毛が進行していくということになるのです。

 

また、血流が低下するのは、ストレスにより血管が縮むことが考えられます。

 

血流の悪い状態が続けば、髪に必要な栄養も行き渡らなくなるので、薄毛が進行すると考えられます。

 

つまり、ストレスを軽減することは、薄毛予防と発毛促進の効果が期待できます。

 

ストレスを解消するためには

 

ストレスを解消する方法としていろんな方法がありますが、一番手っ取り早くて効果的なのが睡眠です。

 

睡眠は髪の成長にもとてもよいと考えられます。

 

睡眠不足は、脳を疲労させることにつながります。

 

脳の疲労状態が続けば当然体にも悪影響を及ぼします。

 

睡眠リズムが乱れたまま長期間過ごすと、高血圧や糖尿病、不眠症、うつ病などといったさまざまな症状を発症することにもなりかねません。

 

当然、髪にも悪影響を及ぼします。

 

一日のうちで、髪がもっとも成長するのは、夜の10時から夜中2時までの「ゴールデンタイム」と言われています。

 

このゴールデンタイムに質の良い睡眠をとれれば、髪の成長スピードにも良い効果が表れます。

 

睡眠不足や夜更かしといった生活習慣の乱れは、髪にとってもよくはありません。

 

日ごろから規則正しい生活習慣を心がけましょう。

 

おすすめの記事